Classic Editorを有効化しているサイト内において、一部のカスタム投稿タイプのみにブロックエディターを利用する

既存の投稿では、クラシックエディターを使いたいが、新規に追加するカスタム投稿タイプでは、ブロックエディターを使いたい場合になど。

hogehoge の部分に投稿タイプのスラッグを入れる。

もし、逆に一部のみクラシックエディターを使いたい場合は、$use_block_editor = false;とする。

add_filter( 'use_block_editor_for_post', function( $use_block_editor, $post ) {
	if ( 'hogehoge' === $post->post_type ) {
		$use_block_editor = true;
	}
	return $use_block_editor;
}, 10, 2 );

参考

投稿日:
カテゴリー: WordPress